問診票ダウンロード
ドクターズ・ファイル
目の病気について 症状からの検索

症状からの検索

網膜剥離

症状(まぶしい・見え方がおかしい・黒いものが見える)から見た可能性のある病気-網膜剥離-

網膜剥離(もうまくはくり)

網膜剥離の多くは、網膜に裂孔(裂けめや丸い穴ができて、そこから網膜の下に水が入り込んで、網膜が眼底からはがれる病気です。正確には、裂孔原性網膜剥離(れつこうげんせいもうまくはくり)といい、 目の打撲など外傷によっても起こりますが、たいていは誘因なく起こり、近視の強い人ほど頻度は高くなります。網膜剥離の初期症状としてよくあるのが飛蚊症です。また、 目を閉じると端のほうに光が走る光視症も網膜剥離の初期症状として現れることがあります。やがて剥離部位が網膜全体に広がると、視野の欠け、そして急激な視力低下、失明にいたることもあります。

● 原因

  - 飛蚊症(小さなゴミのようなものが見える症状)

  - 光視症(視界の中に閃光のようなものが見える症状)

  - 視野欠損(カーテンをかぶせられたように見えにくくなる症状)

● 症状

視力低下(痛みはない)