問診票ダウンロード
ドクターズ・ファイル
目の病気について 症状からの検索

症状からの検索

見えにくい

「最近、視力が低下してきた」といったように徐々に視力が低下してきた場合、最も多いのは屈折異常(近視・遠視・乱視)による場合です。 40歳以上の年齢で近くが見にくい場合は老視がほとんどです。 その他、徐々に視力が低下する原因となる病気はかなり多く、角膜、前房、瞳孔、虹彩、水晶体、硝子体、脈絡膜、網膜、視神経などの病気があれば視力に障害が出てきます。 他にこれといった症状がなく、だんだん見にくくなってくるものに白内障があります。急激に視力が低下した場合、眼底、視神経や脳などの病変が原因となっていることが多く、 早期に適切な治療を施さないと高度の視力障害を残したり、失明に至ることも少なくありません。